スマートフォン解析

【リバティプリントを使用したバッグと財布のお店Hana*】にお立ち寄りいただきありがとうございます。

当店は、華やかさ可愛らしさエレガントさを兼ね備えたリバティプリントを使用した、シンプルなデザインで機能性のあるバッグやお財布を中心に製作販売しています。
 
毎日の暮らしにリバティプリントで華やかさをプラス♪

私自身、出産や育児、地域性などいろんな理由から、本当に自分の好きなものよりも実用性のあるものや汚れても大丈夫なもの、シンプルで控えめなものなどをいつの間にか選ぶようになっていた時期がありました。
年齢や生活環境によってそれは仕方ないところもありますが、オシャレを楽しみたい気持ちや自分の本当に好きなものを使いたい持ちたいという気持ちがなくなってしまったわけではありません。

▼バッグでおしゃれを楽しむ。
着る服は着回しのきくシンプルなデザイン。
洋服がシンプルだからこそ、華やかなリバティプリントのバッグがとてもよく合います。
リバティプリントのバッグを合わせることで、明るく華やかな女性らしいコーディネートを楽しめます。



▼小物使いでおしゃれを楽しむ♪
オシャレな人って?
素敵だなって思う方って、小物使いにも気を配っていているように思います。
お買い物のたびにバッグから取り出すお財布は、結構人の目にとまるアイテムでもあるかなと思います。
お財布をご購入くださったお客様の中には、レジでお会計のときに「リバティのお財布ですね♪」と店員さんから声をかけられたという方もいらっしゃります。


私自身リバティプリントをとても好きということもありますが、毎日の暮らしの中にリバティプリントを使ったアイテムをプラスすることで、「嬉しい気持ちや楽しい気持ちに繋がればいいな」そして「同じように好きって思ってくださる方が増えると嬉しいな♪」という思いからリバティプリントを使用しています。




長くたくさん使っていただけるようにラミネート生地を使用しています。

リバティプリントの代表的な生地「タナローン」は、絹のようなとても肌触りのいい生地です。
しかし、とても薄い生地のため耐久性の面が心配。
当店では、少しでも長く気軽にたくさんご使用いただきたいので、タナローン生地をビニールコーティングしたラミネート生地を使用しています。
ビニールコーティングすることで厚みができ耐久性がアップします。
また、汚れや水をはじくため湿らせた布を硬く絞りサッと拭き取ることが可能で、汚れが気になりにくくデイリー使いしやすいです。


製作について

製作には直線縫いに特化した職業用ミシン・・腕ミシン(筒型1本針本縫総合送りミシン)を使用しています。
ご使用中に金具が外れにくくするため、カシメなどの金具はハンドプレス機を使用し留めています。
数十種類の芯材の中から、張り感・弾力・シワになりにくさ・使い勝手などにこだわり、製作するアイテムによって芯材を使い分けています。
こだわり*道具や資材などについて

安心してお使いいただけるように・少しでもいいものを長くお使いいただけるように、使用する資材や材料の見直しや改善できる点はないか考えていき、もっと喜んでお使いいただける作品作りに努めます。

**

2004年 ネット販売・福岡の実店舗にて委託販売をはじめる。
「やさしく暮らせる雑貨のお店。」2005年 成美堂出版
「ステッチBook」2006年 ブティック社
「手づくりのバッグとおでかけ小物」2009年4月Gakken
「コットンフレンド」
などに作品を掲載されたことがあります。

■ハンドメイドをはじめたきっかけ■

慣れない土地、近所に親しい人もいなくて、出産後は全く外に出ないわけではないけれど、家の中で子どもと過ごす時間が圧倒的に多くなり、なんとなく外とのつながりが薄れていくそんな気持ちがありました。
そんな時にネットのコミュニティで、同じように子育てをしている方との子どものことや趣味などの話題でつながりができるように。
趣味という趣味がなかった私がはじめたのが、子どもにスタイなどベビー用品や洋服を縫うことでした。
自分が縫った洋服を子どもの着せる楽しみ・同じように子育て中の方との話題のきっかけになることが嬉しかった時期です。

洋服などを作っていると増えてくるハギレ。
当時、菊池しほさんや雅姫さんの作る小物が好きだったこともあり、リバティプリントのハギレを使ってコースターやポーチなど小物も作るように。
そして、子どもの成長とともに、子どもが着たい洋服=私の作る洋服ではなくなりはじめ、子ども中心の製作から小物やバッグなどが中心になっていきました。

ホームページビルダーというソフトを使ってホームページを作り、2004年からネット販売・委託販売をはじめる。



当時はリバティプリントを取り扱っている店舗がネットでも少なく、今のように生地屋さんオリジナルカラーなどもなく、ラミネート生地も見なかったように思います。
リネンやチェック・ストライプ・ドット柄と組み合わせ、お気に入りリバティをアクセントに使用した作品が中心でした。
アクセントとして少し取り入れるだけでもリバティプリントは目をひく素敵さがあります。

 

一時期、家庭環境の変化などにより販売はやめていましたが、

2011年 ネット販売・神奈川県と高知県での委託販売を再開
minneやtetote、無料ネットショップでの販売

2015年11月 現在のネットショップをOpen
本格的に製作販売を行っていこうと方向性を決め
「リバティプリントを使用したバッグと財布のお店」としてスタートをしました。
2016年10月 L字長財布を中心に、お財布とバッグの販売。
2017年7月 町田マルイ「クリエイターズアパートメント」に出店
2107年 お財布だけで約200個お届けさせていただいています。

**

リバティプリントには可愛らしい柄・大人っぽい柄・絵画のような柄など様々な柄があります。
パッと見て素敵と思う柄もあれば、形になってこの柄いいなぁと思うものもあります。
同じ柄でも配色によって雰囲気が変わるので、色違いで揃えたくなったりもします。

たくさんの方とハンドメイドを通じて知り合うことができ、Hana*バッグやお財布を欲しいとご購入くださる方がいるので今があります。
本当にありがたいことだなと思います。
これからも製作販売はできる限り長く続けていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。